【水漬けパスタ】パスタの茹で時間短縮でガス代を節約しよう!!

pasta 水道光熱費節約
スポンサーリンク

節約生活でなくてはならない存在がパスタですね。
主食の一食当たりの値段ランキングで上位にランクインするほど、安くて美味しい優秀食材です。

節約食材パスタの弱点

安くて美味しくて優秀な食材パスタですが、節約においては弱点があります。それは茹で時間の長さです。
お湯を沸かして麺が茹で上がるまでに10分程度ガスを使用します。その点に関しては決して経済的とは言えませんね。

だいたい10分間ガスを使用した場合の料金は3円ほどと言われています。一度の金額はさほど大きくはありませんが、何度も使用するとある程度の金額になってしまいます。パスタの調理では少しでもガス代を減らしたいですよね。

パスタの特性を調べていくうちに、ある方法を用いると茹で時間を大幅に短縮できることがわかりましたのでいくつかその方法をご紹介します。例えば、茹で時間を10分から1分に短縮できればガス代2円ほどの節約となります。それができると毎食パスタを食べた場合は年間2190円、週1回パスタを食べる人なら年間104円の節約となります。結構大きな節約ですよね。

水筒でパスタを調理する

原理はいたってシンプルです。
パスタを水筒に入る長さに折って入れ、そこに熱湯を入れ蓋をし、待つだけです。

水筒にお湯を入れると温度が下がるため、かけるタイプの市販のパスタソースを使う場合は、表示時間より長く置いておくとちょうど良い固さになります。茹で加減はその都度チェックしてみてください。
フライパンでソースと絡める場合は、フライパンの中で熱が通るので表示時間通りで取り出してしまっても問題ありません。

水筒で調理する方法はお湯を入れて放っておくという簡単な方法ですが、使い終わった後の水筒を洗うのが非常にめんどくさいのが難点となります
パスタから溶け出たデンプンが水筒にくっつくので擦り洗いをする必要があります。きれいに洗わないと悪臭やカビ、着色の原因となりますので注意してください。
水筒

鍋の火を止める方法はおすすめしない

水筒に入れるのは魔法瓶の効果でお湯の温度を下げないために用います。
沸騰した鍋にパスタをいれて、火を消し余熱で調理する方法も考えられますが、私はあまりおすすめしません。

温度低下が早いと仕上がりが表面にしか火が通らずに外は柔らかいのに中は固いままになってしまいます。表面が茹で上がったまま、お湯の温度が下がってしまうとパスタ同士がくっつくことになります。
なので余熱調理をする場合は密閉できお湯の温度が下がらないような保温性の高い容器を使ってください。

水漬けパスタ

こちらも、水筒調理と同じくやり方は非常に簡単です。
乾燥パスタを3時間程、柔らかくなるまで水に漬けておくだけです。簡単ですね

水に漬けた乾燥パスタが白っぽい色に変化し、ぐにゃぐにゃになったら頃合いです。フライパンにパスタが被る程度の少量のお湯を沸かし、そこに水漬けパスタを投入します。
するとパスタの色が白から黄色っぽく変化していきます。全体の色が変ったら茹で上がりの合図です。
茹で時間はだいたい1分で、茹で上がってしまいます。茹で時間を大幅に短縮できますのでガス代が大きく節約できる方法です。

しかしこの方法の難点は、失敗する可能性が高い点にあります。フライパンでパスタを茹でると火に当たっている場所だけが高温になり、そこに接地しているパスタがフライパンにくっつきやすくなります。焦げやすいので注意してください。

また必ず塩を入れた沸騰したお湯の中に入れるようにしましょう。水に漬けた後に温度が低いお湯に入れると表面だけが溶けてデロンデロンになりやいです。そうならないために塩を入れ沸点を上げます。
お湯に塩を入れるタイミングはお湯が沸騰してから入れる方が、沸騰時間が早くガス代の節約になります。

茹で汁、漬けた水は捨ててはいけません

水筒で調理した後に残ったお湯、水漬けにしたあとに残った水は絶対に捨てないようにしましょう。どちらも白く濁ったものが残ると思います。これは、パスタからデンプンが溶け出しているからです。
このデンプンが乳化という現象を起こすために必要となります。

乳化とは、水と油という通常は交じり合わない物質を、分離しないようにつなぎ合わせることを言います。このプロセスにおいてデンプンが接着剤の役割をします。
ソースを作るときはこのデンプンが溶け出た水を用いるようにしましょう。

もし乳化を行わないとさらっとしたソースになってしまい上手くパスタと絡んでくれません。
なのでこの残り汁は必ず残しておくようにしましょう。

パスタの茹で時間短縮方法のまとめ

いかがだったでしょうか。パスタの茹で時間短縮方法を2通り紹介しました。
一つは水筒に熱湯を入れる方法、もう一つはパスタを水に漬けて浸水する方法です。

どちらも大幅にガスの使用時間を減らすことができるため、ガス代の節約になります。
パスタを作るときはぜひどちらかの方法を試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました