【出産費用をお得に】する方法!医療費控除で税金が割引になる!!

赤ちゃん用品 申請で貰えるお金
スポンサーリンク

こんにちは、猫丸です。

出産は保険外診療なのでお金が結構かかってしまいますよね。少しでもお得にしたいところですが、さすがに病院にはクーポンはありません。

このページでは出産を少しでもお得にする方法として出産に関わる費用を確定申告の医療費控除させる方法を紹介します。なんと病院までの交通費も含めることができてしまいますよ。

その他にも申請で貰えるお金を一覧にしました。記事最後にもリンクを貼っておきますので参考にしてみてください。

医療費控除とは

医療費控除とは、年間10万円もしくは総所得の5%を超えた医療費について最大200万円まで控除が受けられる制度です。簡単に言えば税金を割引する感じです。

医療費控除の対象は、「自己または自己と生計を一にする配偶者やその他親族」となっており、家族分の医療費を合算して計算することができます。

医療費控除に含まれるもの含まれないもの

国税庁の見解

国税庁のサイトに「出産に伴う一般的な費用が医療費控除の対象となるかの判断」という見解が載っていますので引用します。

  1. (1) 妊娠と診断されてからの定期検診や検査などの費用、また、通院費用は医療費控除の対象になります。

    (注)通院費用については領収書のないものが多いのですが、家計簿などに記録するなどして実際にかかった費用について明確に説明できるようにしておいてください。

  2. (2) 出産で入院する際に、電車、バスなどの通常の交通手段によることが困難なため、タクシーを利用した場合、そのタクシー代は医療費控除の対象となります。

    (注)実家で出産するために実家に帰省する交通費は医療費控除の対象にはなりません。

  3. (3) 入院に際し、寝巻きや洗面具など身の回り品を購入した費用は医療費控除の対象になりません。
  4. (4) 病院に対して支払う入院中の食事代は、入院費用の一部として支払われるものですので、一般的には医療費控除の対象になります。しかし、他から出前を取ったり外食したりしたものは、控除の対象にはなりません国税庁サイト

これだとちょっとわかりづらいですね。見やすいようにまとめます。

対象に含まれる

・診察、検診費全般
・入院費、分娩費
・通院時の交通費(公共交通機関)
・出産で入院するときのタクシー代
・助産師の分娩介助料
・入院中の病院食
・処方箋代
・治療のための市販薬代
・満床などで医師が個室をお願いしたなど自己都合ではない個室料金
・不妊治療費
公共交通機関はレシートがなくても自宅から病院所在地までの利用した交通機関がわかるのでレシートは不要です。所有車で通院していても、公共交通機関はレシートがなくても交通費として申請すれば認められます。何で通院していたかなんて誰にもわからないですよね。

対象に含まれない

・里帰り出産などの費用
・入院中に必要な個人用品
・病院食以外の飲食費
・自分の希望で個室利用時の個室代
・所有車での通院の交通費
・タクシーで通院した際の交通費
・サプリメントなどの健康食品代
つまり、一般的に考えて通常必要ないであろうものは認められないということですね。

医療費控除でどれぐらい割引になるか

ここは各家庭ごとに割引になる金額が違います。あくまで平均値から計算してみます。

・検診費の自己負担平均 5万円
・出産に必要なお金平均 56万円   計61万円

出産育児一時金が42万円給付されるので自己負担金から引きます。
61万ー42万 =19万  10万円を超えた金額が控除の対象ですので控除額は9万円です。

日本人の平均給与440万円の人の所得税は20%です。
つまり、9万円×20%=1万8千円が戻ってくる額となります。

これはあくまで検診費と出産費だけの算出です。他に病院にかかっていたり交通費なども含めるとより多くのお金が返ってきますので必ず確定申告で医療費控除を申請してください。

出産費用の医療費控除まとめ

出産を割引にするには、確定申告の医療費控除を申請してください。
出産をすると必ず医療費が10万円を超えますので、出産する人全員が申請したらお金が戻ってくるはずです。

医療費の証明となるレシートは必ず取っておきましょう。

妻に綺麗でいて欲しい旦那さん、妻へのプレゼントにおすすめのマタニティクリームです。妊娠線は一度できてしまうと消すことができません。子どもと海やプールに行っても妻が水着になれないなんてちょっと残念ですよね。子どもがいてもビキニを着ている人はしっかりと妊娠中にケアをしていたからです。プレゼントしたら喜ばれるクリームです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました