【乳児養育手当】は現金給付!?子育てするなら江戸川区に引っ越そう

乳児 申請で貰えるお金
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは猫丸です。

今回は江戸川区が独自に行っている乳児養育手当を紹介します。

これ、なんと0歳児は月額1万3千円が貰えちゃう太っ腹な制度です。しかも、在住歴は関係ないので引っ越してすぐに受け取れちゃうんです。すごい制度ですよね。

その他にも申請で貰えるお金を一覧にしました。記事最後にもリンクを貼っておきますので参考にしてみてください。

乳児養育手当とは

乳児養育手当とは、江戸川区独自の制度です。生れたばかりの赤ちゃんにとって一番大切な時期を保育に専念できるように経済的に支援するものです。

乳児養育手当で貰える金額と期間

乳児養育手当で貰える金額は、月額1万3千円です。

乳児養育手当は0歳児を対象にしているため産まれた月から1歳になるまでの12か月間の支給となります。毎月10日に銀行にお金が振り込まれるのが、12回あります。

江戸川区へ引っ越してきた場合は、転入した月から1歳になるまでの間の回数と少なくなるので注意してください。

乳児養育手当が貰える条件

乳児養育手当は貰える条件が定められています。それは以下の5つです。

①江戸川区で0歳児を養育している
②乳児・保護者共に江戸川区在住
③生活保護を受けていない
④子ども・子育て新支援制度の対象施設、乳児院などに乳児を預けていない
⑤生計中心者の所得が所得制限限度額未満の方
④と⑤に関しては、江戸川区の公式サイトをご確認ください。
乳児養育手当(ゼロ歳児)
この中に、国籍の条項はありません。住民票が江戸川区にあれば外国籍の方でも手当が貰えます

申請期限

申請期限は0歳児の1歳になる誕生日の前日までです。
申請が遅れてしまっても、江戸川区に住民票があった期間は、遡って支給してくれるようですが、トラブルを避けるためにも出生届を提出するタイミングで一緒に申請してください。

乳児養育手当申請方法と流れ

乳児養育手当の申請方法について見ていきましょう。

申請場所

乳児養育手当の申請は、区役所区民課各事務所の庶務課で受け付けています。
郵送やインターネットでの申請はできません

申請に必要なもの

  1. 身分証明書
  2. 申請者と配偶者のマイナンバーカード(通知カード)
  3. 印鑑 (認印でも可)
  4. 預金通帳かキャッシュカード

夫が申請しても代理人扱いとなります。代理人申請の場合は、代理人を証明する書類が必要です。詳しくは江戸川区のサイトをご覧ください。夫は母子手帳か保険証で大丈夫なようです。

結果について

申請の可否の結果は、申請後1~2か月後に郵送できます。
審査期間が長いので心配になりますが、気長に待ちましょう。

乳児養育手当まとめ

江戸川区独自の「乳児養育手当」制度についてみてきました。

子育てはお金がかかるものです。行政から月額1万3千円貰えるのは育児にとってとても大きな額ですよね。安心感が違います。

転入者も受け取れる制度なので江戸川区への引っ越しも検討してみると良さそうですね。

乳児養育手当以外にも出産育児一時金という出産前後の生活を保証してくれる制度があるので、そちらの記事も併せて読んでみてください。

ん、こんにちは猫丸です。

今回は江戸川区が独自に行っている乳児養育手当を紹介します。

これ、なんと0歳児は月額1万3千円が貰えちゃう太っ腹な制度です。しかも、在住歴は関係ないので引っ越してすぐに受け取れちゃうんです。すごい制度ですよね。

その他にも申請で貰えるお金を一覧にしました。記事最後にもリンクを貼っておきますので参考にしてみてください。

乳児養育手当とは

乳児養育手当とは、江戸川区独自の制度です。生れたばかりの赤ちゃんにとって一番大切な時期を保育に専念できるように経済的に支援するものです。

乳児養育手当で貰える金額と期間

乳児養育手当で貰える金額は、月額1万3千円です。

乳児養育手当は0歳児を対象にしているため産まれた月から1歳になるまでの12か月間の支給となります。毎月10日に銀行にお金が振り込まれるのが、12回あります。

江戸川区へ引っ越してきた場合は、転入した月から1歳になるまでの間の回数と少なくなるので注意してください。

乳児養育手当が貰える条件

乳児養育手当は貰える条件が定められています。それは以下の5つです。

①江戸川区で0歳児を養育している
②乳児・保護者共に江戸川区在住
③生活保護を受けていない
④子ども・子育て新支援制度の対象施設、乳児院などに乳児を預けていない
⑤生計中心者の所得が所得制限限度額未満の方
④と⑤に関しては、江戸川区の公式サイトをご確認ください。
乳児養育手当(ゼロ歳児)
この中に、国籍の条項はありません。住民票が江戸川区にあれば外国籍の方でも手当が貰えます

申請期限

申請期限は0歳児の1歳になる誕生日の前日までです。
申請が遅れてしまっても、江戸川区に住民票があった期間は、遡って支給してくれるようですが、トラブルを避けるためにも出生届を提出するタイミングで一緒に申請してください。

乳児養育手当申請方法と流れ

乳児養育手当の申請方法について見ていきましょう。

申請場所

乳児養育手当の申請は、区役所区民課各事務所の庶務課で受け付けています。
郵送やインターネットでの申請はできません

申請に必要なもの

  1. 身分証明書
  2. 申請者と配偶者のマイナンバーカード(通知カード)
  3. 印鑑 (認印でも可)
  4. 預金通帳かキャッシュカード

夫が申請しても代理人扱いとなります。代理人申請の場合は、代理人を証明する書類が必要です。詳しくは江戸川区のサイトをご覧ください。夫は母子手帳か保険証で大丈夫なようです。

結果について

申請の可否の結果は、申請後1~2か月後に郵送できます。
審査期間が長いので心配になりますが、気長に待ちましょう。

乳児養育手当まとめ

江戸川区独自の「乳児養育手当」制度についてみてきました。

子育てはお金がかかるものです。行政から月額1万3千円貰えるのは育児にとってとても大きな額ですよね。安心感が違います。

転入者も受け取れる制度なので江戸川区への引っ越しも検討してみると良さそうですね。

乳児養育手当以外にも出産育児一時金という出産前後の生活を保証してくれる制度があるので、そちらの記事も併せて読んでみてください。

引っ越し情報を探すならこのサイトが便利です。直接現地へ行かなくても代わりに担当スタッフがスマホ片手にビデオ通話で映像を届けてくれます。遠方からの引っ越しも安心です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました