【0円食材】夏はセミを食べる!!気になる味は!?美味しい調理法

セミの成虫 0円食材
スポンサーリンク

無印良品さんからはコオロギせんべいが発売され、昆虫食が今ブームとなっていますね。昆虫は栄養価が高く健康に良いだけでなく、原価タダの節約にもってこいの食材になります。
昆虫は見た目の気持ち悪さから食べるのを敬遠される方も多いですが、ドケチだったら無料のタンパク源として昆虫を食べることは選択肢にいれたいところです。

そこで、今回は昆虫食の中でも比較的食べやすい味で、どこでも手に入り採取も簡単なセミについて書いていきます。

セミを食べる国と地域

地球上でセミを食用とする国は珍しくないようです。
特に中国やベトナムやタイなどのアジア圏では昆虫食は一般的で、セミも好まれて食用にされてきた歴史があります。アジアの市場に行くと色々な昆虫が食用として売られています。
特に最近になってアジア圏でも健康ブームが起きており、昆虫食はブームとなっています。昆虫の消費量が年々増えているそうですよ。

アジア圏だけでなく、なんとアメリカでもセミは食べられています。「素数セミ」という13年・17年という素数のスパンでセミが大量発生する年があり、その年はピーナッツクリーム代わりにセミを食べるのが一般的だとか。

日本でも長野などの内陸部でセミ食がされていたと言われていますが、現在ではセミを食べる文化はなくなっていしまっています。日本では海沿いでは海産物からタンパク質を、内陸部では虫をタンパク源としてきました。

アジアの景色

セミの寄生虫について

昆虫食をするにあたって一番気を付けなければならないのが寄生虫です。過去にはカタツムリを食べて寄生虫に寄生され死んでしまった人もいますので、野生の生き物を食べるときには細心の注意が必要です。

セミは人間にとって有害となる寄生虫がいないと言われています。セミヤドリガという蛾の幼虫が時々寄生していますが、セミの体内ではなく外側についていますので一目でわかります。セミヤドリガの幼虫は食べても問題ないと言われていますが、念のため寄生された個体は避けるようにしましょう。

そもそも昆虫食は生で食べるのは厳禁です。寄生虫で体調を悪くしないように必ず火を通して食べましょう。もし体を壊しても責任は取れませんし、あくまで自己責任でお願いします。

成虫したセミの美味しい調理法

成虫のセミの調理方法を紹介します。

  1. 羽を取る
  2. 下茹でする
  3. 焼く、油で揚げる

以上です。簡単ですね。
羽を取るのは羽には味がないのと、ちょっと固く口に残るので取ってしまったほうがおいしく食べられるからです。セミを捕まえた段階で羽を取ってしまえば、もう飛ぶことはできないので部屋の中で飛んで騒ぎになることもなくなりますので、なるべくすぐに取ってしまいましょう。

下処理の段階でセミをお湯で茹でるのは中までしっかり火を通すためです。油で揚げる場合は特にですが、しっかり揚げてしまうと中身がスカスカ、外はパリパリになって味気なくなります。なのであらかじめ下茹でするのがおすすめです。そうすれば、寄生虫の心配も少なくなるので一石二鳥です。

セミの調理法は焼くか揚げるかの2択となります。煮たものはセミの美味しさの基となる香ばしさが出ずにあまり美味しくありません。
下茹でしてはありますが、火は完全によく入れるようにしてください。個人的には揚げたものよりも焼いたものの方が好きです。揚げてしまうとパリパリになってしまって身のジューシーさがなくなります。お腹の部分にもお肉がたくさん詰まっていてよいおかずになりますよ。

セミの成虫

セミの幼虫の美味しい食べ方

セミは成虫よりも、セミの幼虫のほうが美味しい食材となります。
セミの幼虫は、木の樹液からアミノ酸を摂取して生きています。液体しか摂取しないので排泄をしない特徴があります。セミの幼虫の体内は非常に清潔なので味も良いということになります。

セミの幼虫のおすすめの調理法は油で揚げることです。外側をパリッとさせて中身は少しトロっとしてる状態が最高なのであまり火を通しすぎないようにしましょう。

セミの幼虫

セミの抜け殻は食べられる?

セミの成虫と幼虫は美味しいことが分かりましたが、セミの抜け殻も中国では漢方薬として利用されてきました。抜け殻にはキチン質という動物性の食物繊維が成分として含まれており、これが解熱効果・喉の腫れや痛み、蕁麻疹などのかゆみをとめる効果があるとされています。

また漢方薬としてだけでなく、食用にもされるようです。セミの抜け殻は唐揚げにして食べていたようです。味はあまりなく食感を楽しむ料理です。

気になるセミの味は?

気になるセミの味ですが、成虫は大豆のような風味で、食感はシーチキンのような感じです。しっかり油で揚げると川エビと似たような味になります。

幼虫はピーナッツバターのようなコクのある味わいで、非常に美味しいです。セミの成虫よりも断然セミの幼虫のほうが美味しいのですね。

ただ、冷めると味が格段に落ちますし、気持ち悪く感じます。作り置きはせずに、その都度調理することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました