【チャイルドシート等購入費助成】で割引して買う!申請方法と使い方

チャイルドシート 申請で貰えるお金
スポンサーリンク

こんにちは、猫丸です。

2000年に、6歳未満のお子さんのチャイルドシートの使用が道路交通法によって義務化されました。もし、使用していないと罰金はありませんが、減点1が付いてしまいます。免許がゴールドからブルーになって保険料の値上がりなんてことも。

しっかりと守りたいチャイルドシートですが、値段が高いですよね。なので自治体が「チャイルドシート等購入費助成」という助成を行っており、お得にチャイルドシートが買えます。

その他にも申請で貰えるお金を一覧にしました。記事最後にもリンクを貼っておきますので参考にしてみてください。

チャイルドシート等購入費助成とは

道路交通法で義務化されたチャイルドシートの購入費に対して助成する制度です。自治体によって行われている制度ですので、自治体によって助成内容が違ったり、未実施な自治体もあります。

ちなみに私の住む横浜市は「出産祝い金」、「乳児紙おむつ助成」と同じようにこの助成金もありません。子育てに向かない市ですね。

助成金額

チャイルドシート代金の全額を出している自治体はないようです。上限なく全額だしたら、高額なものを買って転売する人が出てきそうですもんね。

だいたいの自治体が購入金額の半分か三分の一の助成をだしているようです。また上限を1万円程度に設定してあるので、転売目的などは防止されています。

オンラインでの購入も助成の対象なので、公式のオンラインショップを検索してみるのも購入の参考になりますね。

出産準備ならカトージオンラインショップ

コンビ公式ショップ 3,000円(税抜)以上の購入で全国送料無料♪

カトージのオンラインショップだと助成金を最大限に使える2万以下のチャイルドシートは11種類、コンビのネットショップでは7種類ありましたので、購入候補は結構あります。
ネットショップでベビーカーを購入しても助成金の対象となるので、ポイントをうまく絡めて買えばもう少しお得に買えそうですね。

助成方法と使い方

申請書に領収書と品質保証書のコピーを貼って購入後に役所に提出する方法が多く取られています。申請書には通帳記入欄があり後日振り込みをする自治体が多いです。ネット通販には領収書がついてくるのでそれを添付すれば大丈夫です。
しかし、中古品やメルカリなどで買った商品は、助成の対象にならない自治体が多いです。

助成回数

子どもが何人産まれようが、一世帯の助成は1回までとなっている場合が多いです。転売防止対策でこのようなルールとなっているのでしょうね。

事例① 福島県喜多方市

福島県喜多方市公式サイト
https://www.city.kitakata.fukushima.jp/site/kosodate/1514.html

「チャイルドシート等購入費助成」が貰える条件

・喜多方市に住民票がある
・制度を始めて使う
・6歳未満の子どもがいる

「チャイルドシート等購入費助成」で貰える金額

上限は1万円で、購入価格の半分が支給されます。

事例② 千葉県芝山町

千葉県芝山町公式サイト
https://www1.g-reiki.net/town.shibayama/reiki_honbun/g061RG00000602.html

「チャイルドシート等購入費助成」が貰える条件

・芝山町に住民票がある
・制度を始めて使う
・6歳未満の子どもがいる

「チャイルドシート等購入費助成」で貰える金額

上限金額は1万円で、購入価格の全額が助成されます。チャイルドシートの価格が1万円を超えた場合は、超えた金額は実費負担です。

「チャイルドシート等購入費助成」まとめ

道路交通法で6歳未満のお子さんを車に乗せる際にチャイルドシート着用は義務です。
そんなチャイルドシートに助成がでる自治体があるので、制度を上手に使ってお得にチャイルドシートを購入してください。オンラインショップも助成の対象になるので、良い商品がないか探してみるのも面白いですね。

カトージでは、ベビーカーとチャイルドシートを同時に買うと10%OFFになりますので、抱き合わせで買ってしまってもいいかなぁと今考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました