【市区町村が出産費用を助成】知っておきたい出産で貰えるお金!!

赤ちゃん 申請で貰えるお金
スポンサーリンク

健康保険に加入している人が出産した場合、「出産育児一時金」や「出産手当金」が貰えることは良く知られていますが、市区町村が独自に行っている「出産費用の助成」はあまり広く知られていません。
このページでは出産の助成に力を入れている東京の港区と渋谷区の事例を紹介します。

その他の申請で貰えるお金を一覧にしました。記事最後にもリンクを貼っておきますので参考にしてみてください。

出産費用の助成とは

出産費用の助成とは市区町村が独自に定めた出産に対する助成のことです。実施していない場所もあるので「出産費用の助成 お住いの市町村名」で検索をかけてみてください

妊婦検診も出産もなぜか保険が効きません。
地区や病院によって異なりますが、だいたい出産までにかかる費用は50万~100万ほどです。未来の日本のために子どもを産んで育てるのに、こんなにお金がかかるなんて少しがっかりですよね。

でもご安心を。健康保険に加入している人が出産すると「出産育児一時金」として42万円もらえます。さらに通常は42万円を超えたら実費となりますが、市区町村が独自に「出産費用の助成」としてサービスを提供している地区があります。

東京都港区の出産費用の助成

港区は出産費用の助成金が日本で一番多い市区町村で、なんと最大で18万円のお金が貰えます。

出産育児一時金42万円+出産費用の助成18万=最大60万の助成

分娩費と入院費が42万を超えていれば18万が上限となります。
例えば出産の費用が55万円でしたら、55万から42万を引いた、13万円が助成されます。
また、出産費用が60万を超えた場合は、18万は貰えますが超えた分は実費となります。

対象者

  • 出産前後で港区に住民票があり、申請日に1年以上港区に居住している
  • 生まれた子どもも港区の住民票に入る、保護者と同居
  • 母が日本の公的な健康保険に入っている

申請は出産後1年以内までです。詳しい方法は港区のサイトをご覧ください。

東京都渋谷区の出産費用の助成

東京都渋谷区も「ハッピーマザー出産助成金」という独自の助成金を給付しています。
給付内容は現金で、10万円です。
つまり、出産育児一時金と合わせると52万円のお金が貰えることになります

対象者

  • 妊娠12週(85日)を超えて出産した人
  • 出産日の3か月前から申請日まで継続して渋谷区に住民登録がある
  • 公的な健康保険に加入している

申請期間は出産してから1年以内です。詳しくは渋谷区のサイトをご確認ください。

出産費用の助成まとめ

出産費用の助成を港区と渋谷区の事例で紹介しました。
市区町村独自の制度で、特に税収入の多い東京都が制度を実施していることが多いようです。

実施していない自治体が多いですが、一度お住いの市区町村の制度を調べてみることをおすすめします。

妻に綺麗でいて欲しい旦那さん、妻へのプレゼントにおすすめのマタニティクリームです。妊娠線は一度できてしまうと消すことができません。子どもと海やプールに行っても妻が水着になれないなんてちょっと残念ですよね。子どもがいてもビキニを着ている人はしっかりと妊娠中にケアをしていたからです。プレゼントしたら喜ばれるクリームです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました